FC2ブログ
プロフィール

dekochan

Author:dekochan
鳥たちに魅せられて早数年…
「蓮田の中の蛙は大海(他所のフィールド)を知らず…」
万年初心者バーダーは今日もママチャリにスコープのせて蓮田を縦横無尽に走りまわる!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

ヒバリシギとオジロトウネン

この秋もちっちゃいものクラブのメンバーが立ち寄ってくれました。

まずは9月のヒバリシギ

20180906hibarisigi

この時期はトウネンたちと一緒か単独での出会い。

20180924hibarisigi


10月のヒバリシギ

20181013hibarisigi

オジロトウネンと一緒の田んぼ。

ちょこまかと泥の中を動き回るので、チャームポイントの黄色い脚がなかなか見えません。

20181013ojirotounen1


20181013ojirotounen2

この2羽は別の日にも会えましたが、羽の模様の出具合がかなり違いますね。


20181016ojirotounen1

ここは水が張られなかったので、お天気続きで干上がり、この子たちもいなくなりました。

20181016ojirotounen2

オジロトウネンって内陸性ですが、干潟に出ることはあるのでしょうか?
と言うのも、その後干潟でハマシギやシロチドリたちと一緒に2羽のトウネンサイズの子がいて、遠すぎて識別できなかったのですが…サイズ感がミユビシギとは違う。
トウネンだろうと思うのだけど、ボケボケの写真では脚が黄色っぽく見えたので???

その後出会えていませんが、この子たちが越冬してくれると、冬の蓮田も楽しくなるのだけど…
可愛いヒバリシギオジロトウネンでした。
スポンサーサイト
THEME:野鳥の写真 | GENRE:写真 | TAGS:

COMMENT

No title

3枚目はヨーロッパトウネンと思いますがいかがでしょうか。

脚が長くて黒いこと、初列風切が長いこと等からそのように

思います。

>monarch さま

コメントありがとうございます。
確かに!
この時は泥のためか、脚が黄色く(黄土色)見えて…
ヒバリシギと思い込んでいましたので、お目当てのオジロトウネンばかり撮っていました。
しかも、画像の整理もだいぶ経ってからのため気づきませんでした。
早速、他の画像や、別日の「ヒバリシギ」も再確認してみます。

ご指摘ありがとうございます。

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
FC2掲示板
タイドグラフ
シギ・チの観察には不可欠!