FC2ブログ
プロフィール

dekochan

Author:dekochan
鳥たちに魅せられて早数年…
「蓮田の中の蛙は大海(他所のフィールド)を知らず…」
万年初心者バーダーは今日もママチャリにスコープのせて蓮田を縦横無尽に走りまわる!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

すっかり忘れていたタマシギ②

初めにペアを見てから数日は仲良く行動する姿が見られました。

20180512tamapair

今シーズンのタマシギは同時期に2ペア確認出来ています。
もう一つのペアはいつも遠い逆光の草陰でまったりしていて動きがなく、写真は撮れず…
2ペアとなると、ますます期待が膨らみます。

そしてさらに数日すると、今度はどちのペアもメスしか見られなくなりました。

こちらは最初のペアの場所近くで単独になったメス。

20180518tamasigi♀1


20180518tamasigi♀2


20180519tamasigi♀1


20180519tamasigi♀2


20180519tamasigi♀3


20180519tamasigi♀4

やはり例の丸い粒状のものを食べています。


こちらは、もう1つのペアがいた場所で単独となったメス。

20180527tamasigi♀1

20180527tamasigi♀2

どちらもオスは抱卵に入り、メスは次のお相手探しに入ったのか?と…
それからは、巣の場所が特定できないかと、オスの姿を探して畔などに目を凝らし…
渡りのピークが過ぎ、鳥影の少なくなった蓮田をうろつくことになります。
スポンサーサイト
THEME:野鳥の写真 | GENRE:写真 | TAGS:

すっかり忘れていたタマシギ①

5月~6月にかけてのタマシギです。
ペアだったので繁殖を期待し、アップするのを控えていたためすっかり忘れていました…


ヘラサギが来ていたちょうどその時…
雨のため家にいると、「ヘラちゃんの所にタマちゃんがいるよ!」と連絡をいただきました。
自宅から直線距離だと60~70mくらいですが、雨のため車で…

20180506tamapair

ヘラサギとタマシギ(しかもペア)を同時に観察できるとは、なんて贅沢!
(きゃさりんさん、その節はありがとう!)

その後、ペアが隠れてしまったので、その場を離れてひと回り…
戻ってくると、今度は向かい側の田んぼに移動していました。

20180506tamapair3

さっきより近いし、草は多いけど緑がきれいでタマシギのメスの色が映えます。

20180506tamapair4

カルガモに対して威嚇ポーズ。

20180506tamapair2

さらに移動して、しきりに採食。

20180506tamapair5

丸い粒状のもの(何かわからないけど、セイタカシギなど他のシギも好物のようです)を口に運んでいました。

20180506tamapair8

雨の日のタマシギはよく動いてくれます。

20180506tamapair6

「今シーズンはまだ声がしないなぁ~」と思っていたところ、いきなりのペア!
これは繁殖を期待せずにはいられません!

20180506tamapair7

その後も1カ月ほどはよく見かけたので、ひとまずは①という事で…
THEME:野鳥の写真 | GENRE:写真 | TAGS:

阿波国(あわのくに)からのお客様

8月18日(土)の事です。
朝のうちに近くだけちょっとひと回りのつもりで出かけました。
家を出てから2本目の道筋にある収穫済みの蓮田にサギたちがいて…
((((;゚Д゚)))))))  危うく通り過ぎるところでした!

20180818コウノトリ4

まさしくコウノトリではありませんか!!
しかも2羽。
とても嬉しい出会いです。
水浴びをした後なのか? 羽繕いをしていました。

20180818コウノトリ5

2羽ともカラーの足環がついています。

右側の個体①

20180818コウノトリ6

20180818コウノトリ足1


左側の個体②

20180818コウノトリ7

20180818コウノトリ足2

2羽とも特にケガをしている様子はなく、畔脇などでドジョウのようなものをしきりに採食していました。

時間が無く帰宅後、買い物などの用事を済ませてからすぐに画像を確認。
刻印は不明瞭でしたが、カラーリングを調べると、なんと徳島県鳴門市生まれの姉妹であることがわかりました。
阿波の国から周防岩国へ遥々やってきてくれました!

「足環カタログ」などから、
①が J0181   2018.03.13生まれ メス (愛称・歌ちゃん)
②が J0182   2018.03.13生まれ メス (愛称・百ちゃん)
鳴門市坂東電柱巣で J0044(オス・兵庫県豊岡市生まれ)と J0480(メス・兵庫県朝来市生まれ)ペアの間に生まれた2度目の子供との事。
兵庫県立コウノトリの郷公園さまに連絡し、確認していただきました。

20180818コウノトリ2

ネットで調べてみると、2羽は巣立ちして程なく用水路で溺れかけて救出されたり、香川県で目撃されたかと思うと戻ってきたり…
地元の皆さんに温かく見守られて、活発に成長してきたようです。
8月13日以降、所在不明となっていたようなので、さぞご心配かと思い、コウノトリの郷公園さまを介し、徳島のコウノトリ定着推進連絡協議会さまに連絡を取っていただきました。

20180818コウノトリ3

姉妹が岩国に飛来していたことに驚かれ、無事であったことを喜ばれていました。
鳴門市もここ岩国市同様、レンコン栽培が盛んで、蓮田はコウノトリたちの良い餌場となっているようです。

20180818コウノトリ1


残念ながら、私が見たのはこの朝の1時間半程度。
午後は見つからず、翌日も…
一泊しただけだったのか?
ここは米軍基地が隣接するので、落ち着いて滞在出来る環境ではないのかも…
残念なのは、この日の朝は時間が無く、ゆっくり観察出来なかった事。
勇壮であろう飛翔を見たかった!
皆さまにお知らせする間もなく、あわただしく旅立ったようです。
今後、この姉妹がどこへ向かうのか… 再び鳴門へ戻るのか…
また、成長してパートナーや仲間を連れて岩国に…なんて事もあるかもしれません!
2羽の旅が無事であることを祈ります。

近隣にお住いの皆様、この姉妹に出会うかもしれません。
目撃情報などありましたら、ぜひ関係機関に報告をお願いします。

兵庫県立コウノトリの郷公園HP  ⇒  
コウノトリ定着推進連絡協議会HP ⇒  ※「お知らせ」に今回の報告がされています。
THEME:野鳥の写真 | GENRE:写真 | TAGS:

まだまだ酷暑続く蓮田にて

最近は朝晩が過ごしやすくなりましたね。
とはいっても、酷暑には変わりなく…
早朝か夕方遅くの鳥見となります。
出かけても短時間なので、広い蓮田をショートカットして回るしかありません。
当然成果は少なく、そんな中から今月の鳥さんたちを…


あちらこちらで営巣していたバンは、蓮が育って見え難くなりました。
隙間から辛うじて見えたバンビーナ。

20180805ban-hina


ケリアオアシシギ

20180805aoasi-keri


クサシギタカブシギ

20180805kusa-takabu


アオアシシギ

20180811aoasisigi


奥の方で抱卵中のバン
最近は丸見えの場所で何カ所か営巣しています。

20180811ban


ケリたち。ケリだけはたくさんいます。

20180818keri


樹上に集うサギたち。

20180805saginoki


海岸ではキアシシギ

20180811kiasisigi


蓮田で見ることの方が多いイソシギ

20180819isosigi


ダイゼン

20180819daizen


用水路ではカルガモ以外に、この夏居残ったと思われるマガモ。

20180819magamo


まだまだ少ない蓮田の鳥たちです。

19号・20号と相次ぐ台風が心配ではありますが…

ちょっと速報…

   20180818mozaiku

うれしいお客様です。
詳細は次回…


THEME:野鳥の写真 | GENRE:写真 | TAGS:

お盆の鳥見

お盆休みなど関係のない職場のため、我が家は全員通常営業…

昨日帰宅すると、玄関先でコシアカツバメが出迎えてくれました。

20180814kosiakatubame3

最近はツバメが減ってコシアカツバメが多くなったように思います。

20180814kosiakatubame2

水浴び後の羽繕いのため、電線に止まっていたようで、しきりにストレッチをしていました。
2羽いたのですが一緒には収まらず。

20180814kosiakatubame1

背筋ピーン! の後、2羽とも何処かへ飛んで行ってしまいました。

私のお盆の鳥見です。 
THEME:野鳥の写真 | GENRE:写真 | TAGS:

蓮カワ!

蓮は花盛りだし、カワセミも生息していますが、いわゆる「蓮カワ」写真はなかなかゲット出来ません。
私が昨年ゲットした「蓮カワ」です。

てぬぐい・カワセミ

横浜の「濱文様」さんの絵手ぬぐい「翡翠と蓮」です。
まだ若干の在庫があるみたいです。 ⇒ 
夏の玄関飾りとして使っています。


鳥さんの手ぬぐいは他にも…

てぬぐい小鳥

「Rieko Oka(岡 理恵子)」さんのてぬぐい「小鳥」シリーズ。
2重織のガーゼなので鳥見の時の首回りの日よけとして使っています。


何年か前なので詳細は不明ですが、こんなのも。

てぬぐい1

色んな鳥さん大集合!

てぬぐい2

てぬぐい3

てぬぐい4

雄・雌ワンペアずついるようです。
裏はシルエット。

てぬぐい5

首に巻くには少し短いので、帽子に付けてお顔の日除けに…


探してみると、鳥さんの入った手ぬぐいも結構あります。
他にもあるけど、どこかにしまい込んでいるので、またの機会に…
THEME:*写真で残す日常* | GENRE:写真 | TAGS:

朝風呂あとのコムクドリ

日曜の朝、暑くなる前に…と、ひと回り。

ちょうど、家の前の電線にムクドリたちが集合。
水浴びをした直後だった様子。
100羽前後の群れに10羽のコムクドリが入っていました。

20180805komuku1

久しぶりのコムクドリはやっぱり可愛い!

20180805komuku2

他の場所でもムクドリが群れで見られましたが、コムクドリは居らず…
1時間半ほど回って帰る頃には、ムクドリの姿はすっかり消えていました。
涼しいうちに食事と入浴を済ませ、どこかで休んでいるのでしょう。
またまたムクドリチェックが必要になってきました。

蓮田のシギ・チは相変わらずアオアシシギ、クサシギ、イソシギ、タカブシギ、コチドリ、ケリのみ。
干潟は遠くにダイゼンが1羽とシロチドリらしき10羽くらいが芥子粒状態…
さすがにまだ寂しいですね~

サギ類は多いです。
前回記事の「SAGI’s Bar」や畔や柿の木などに集っています。

20180805sagi

この日は蓮田に点在するあちこちの木で、こんな光景が見られました。


地元の小・中・高の校歌には、たいてい「白蓮の花」と「白鷺」が歌われています。
ここ岩国の原風景といったところでしょうか…

hasu2

今が一番美しいレンコン畑。
この蓮の下で色んな命が育まれています。

hasu3
THEME:野鳥の写真 | GENRE:写真 | TAGS:

酷暑の蓮田

蓮田も例に漏れず酷暑です!
レンコンの花も花盛り。

20180729hasu

写真は7/29、例の変な進路をたどった台風が近づいていた影響で、若干葉が裏返っていますが…
今の時期、早朝はとてもキレイです。
この暑さですから、早朝か日没頃にチラッと鳥見をしています。

数少ない水張り田んぼは、サギたちが集うSAGI's Barとなっています。

20180729sagi


早くも収穫を始めた田んぼにケリたちが入っていました。

20180729keri1

20180729keri2

この日はトータルで11羽いましたが、3日後には4羽しか見られず…
定着するのはまだまだでしょうね~


通年組のイソシギやクサシギも、この時期は畔周辺のため、見つけやすいけれども観にくい…
バンたちも葉陰に隠れているのか、あまり見かけませんでした。

何カ所かで見かけたコチドリ

20180729kochi

アオアシシギ

20180801aoasi1

タカブシギ?と一緒…

20180801aoasi2

夕涼みにお出ましのゴイサギもあちらこちらに…

20180801goisagi

このところ35℃以上が日常的になっており…
先日、週間予報で32℃の数字を見て、「あ、涼しくなるじゃん!」と一瞬思ってしまった私。
日中の鳥見は命の危険すら感じ、控えております。
とは言え、鳥たちが動いているのは確か…
皆さま、気を付けて鳥見しましょう!
THEME:野鳥の写真 | GENRE:写真 | TAGS:
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
FC2掲示板
タイドグラフ
シギ・チの観察には不可欠!